Fact or Fiction

エアプレイの魔術師びーるーむがお送りする妄想劇場

【トリモン】適当43

トリモン考察 43
2018/10/23


色々ありますので順番に。

●ET予選

諸事情により最終3日間は全然プレイ出来ず。
こればかりは仕方ないかと思っていたのですが…
スタートダッシュで積んだ分と、予想よりもボーダーが上らなかった。
というところで、16000pt程度で予選を突破することが出来ました。

配信の時にお祈りしながら"24連勝"出来たのがカナリ響いてますね‼


ボーダーが伸びなかった件に関しては第3回ETが有るなら考察する意味が有りますが…
とりあえず言える事は、最後の方は殆どの人がプレイしていなかった。&
100位以下から最後に滑り込もうとする人が意外に多かったという点です。
個人的には愚策だと書いていましたが……「ほんまか?」て感じでした。
※ホンマに滑り込もうとする人おるんや。的な意味で


まず、マイスターランクユーザー数という意味では
第1回が1600程度参加に対して、第2回は1000程度だと思います。
古参無課金勢が引き払って、新規ユーザーが少し増えたという感じで
新規は増えているが残念ながらマイスターに上がりずらい状態で
人数としては減っているように見える。(底は増えている)

個人的な見解としては第1回よりも環境は良く
難易度としては簡単になっていたと思います。

 


●本戦まで一週間

一番大きなガチャ追加と言っても過言では無い本戦前追加。
各属性に3枚程度のカードが配られ環境を無理やり変化させてきます。

これらのカードを使い、本戦のデッキを練る訳ですが
新規カードは強くても凸が行いにくい等、課題は多そうです。


●ガチャ仕様・他

・無償ルーン衣装

ガチャ11連分を消費して衣装を入手。
これまでの実質無料では無く、こちらは…
無償と唄っているのですが完全有料‼みたいな雰囲気です。闇。
大会前の時期のガチャは重要なので引くには覚悟がいります。

3000は高く無い?? 1500ぐらいで良いじゃんと思います。


・コラボ復刻新規再録

完全新規、同一効果別名称・投入制限は同じ。
……という仕様での再録。しかも、ガチャです。
その上、普通に配られていたカードまでレジェンド枠を潰して登場です。

コレは誰がどう見てもヒドイでしょう(焦)
余程、損得勘定が狂っていない限りコレには満足出来ません。

以前のイベントに参加していなかった新規ユーザーの為‼と言われたら分りますが
コレは前回のコラボの排出率/PU率の低さの問題も有り少しはユーザー寄りの仕様で
出て来ても良いのではないか??と思えました。

ちなみに…前回コラボを経験していて、少しはコラボガチャを引いている人‼
で、このガチャを引く人はいるのでしょうか???
自分はまひるを持っていなくて欲しいのですが仕様が残念過ぎて見送りました。


"完全に使い物にならないカードが排出される"

という観点で恒例のお問い合わせメールを送っておきました。

 

 

以下省略

【トリモン】アリーナボーダー考察【42】

トリモン考察 42

2018/10/05

ET2 予選を駆け抜けろ‼

●ET1予選ボーダーについて

20240pt

これ前回のボーダーになります。
前回の予選期間は

2018年7月31日(火)15:00~2018年8月12日(火)23:59

13日間でした。

今回は26日~10日までなので

15日間となります。

予選期間は前回よりも"長い"というのが
一つの事実としてあります。

そう考えますと当然、ポイントに関しても
前回より最終的なボーダーは高くなると考えるのが…

当たり前だと思われます。
実際の所、現状予選期間は10日間を終え
残り5日。実質2/3が終了している事になります。


でわ…現時点でのランキングについて見てみましょう。

1位…20000pt
2位…18830pt
3位…17630pt
4位…16600pt
5位…16650pt

10位…15270pt
15位…11850pt

↑ここの差がデカイ‼

13000pt以下 ここが1つの境界線になっています。
コレより上の順位は1つ毎に1000ptぐらい離れているので
言い方悪いですが11位以上は「The トリモン ヘビーユーザー(暇人)」です。

12位~25位までが
頑張ってプレイしていますね‼ゾーンです。


さて、その話は置いておいて

今回のボーダーですが……

個人的に前回と同じぐらいかそれ以下だと思っています。

 


2日前のマイスターになりました。というツイートで
順位が"1023位"でした。予選に参戦しているユーザー数が
前回より遥かに少ないのです。前回は予選開始数日で1500人はいました。

最初の頃にやっていたユーザーが途中で離脱をしたのは分ります。
そしてそこに補充されるべき準新規のようなユーザーが…
目の色を変えて頑張っているトリモン上位陣の餌食となり…
そもそもマイスターにすら上がれないという自体が起きたのでしょう。


1点として"そもそも参戦ユーザーが減っている"が挙げられます。


ポイントを稼ぐ為には勝利数を稼ぐ必要があるのですが
もちろん敗北すれば勝ち点以上にポイントを失うわけです。

つまりは、自分より強い人に当たったら詰み。
最低でも6~7割をキープしないといけない状態です。

率直に言って

"初心者狩り出来るレベルの性能があり"

尚且つ

有る程度、格下と当り続ける。ことが条件になります。

 


有る程度、カードが揃っているニート学生が
時間を割いてプレイする。これが最高の条件です。
人の少ない深夜帯とかを狙えば一瞬で駆けあがれます。

 


でわ、カードが揃っている事は前提として
プレイ時間に限りが有る社会人はどうすればいいか。

ここです。

実は、この2日間、魔道書も埋めずに深夜爆睡していました。
(※出来ればやりたかったけど睡魔に負けただけ)

ところがどうでしょう。順位は1~2位ずれたぐらいで…
全然変わらなかったのです。

魔道書を埋める‼という作業以外に
現行のユーザーは

「有る程度をキープ出来ていたら無理にプレイしない」

事を選んでいるのではないか?と思えて来ました。
下手に盛ろうとして上位陣に食われて落とされる可能性すらあります。

つまり「俺しか勝たねぇ…」ぐらいの気持ちが無い人は
"プレイしない"という選択肢も有りなのではないかという事です。

それでも、誰それに抜かれ出したら少しずつでもプレイするので
抜かれては追いついてという感じでしょう。

しかし‼
そうなると後ろの人間が知らぬ間に溜まって来て
今まで放置して抜かれるのが1~2人だったのが…
一気の団子で抜かれて20位とか落ちる‼となる可能性があります。

先程記載した12位以下は少しずつptが近くなってきています‼

 

 

 

と、いうお話も踏まえて…

ボーダーは前回より低くなると予想できます。
が‼ まだ3連休が残っていますからね。

とりあえず、ボーダーとは言いませんが
20000ptあれば安泰で問題無いと思います。


ちなみに現行の100位が 8320ptです。

なので別にここに1万が乗って18200ptと
簡単に見積もってもいいかもしれませんね。

1日2000pt盛れる‼が5日で10000pt‼
ただ1日2000pt盛れる性能あるユーザーは
すでに上位に収まってる‼てお話です。


100位が8320ですが
32位が9370ptです。ここの差が1000ptしか無いです‼

おわかりですね。1日で2000ptまで抜かれる可能性がある。
今21位で10320ptです。最終ボーダーでは無く暫定から見れば…


現状20位以内なら微調整が効く‼
それ以外はまず20位以内に入れ‼

というのがリアルな所です。
結局怖くて予選最終日は見守る必要があると思いますので
今の内に落ち着いて20位以内に入っておくのが無難です。

逆に言えば
今100位以内の人は団子の領域にいるので
一瞬で20位以内に到達出来るということになります。

 


とまぁ…現行の見解はこんなところです。
明日になったら明日の100位に8000pt足せばいいと思います。
明後日になれば100位に6000pt足せばいいと思います。

それで予想よりボーダーが上がらないなら余裕があるということです。

これで様子を見ましょう(雑

【トリモン】アリーナ考察【41】

トリモン考察 41

2018/10/3


何で予選期間になったらトリモン配信、全然無いの??
おかしくないですか‼?

若い層の配信が減り
おじさん達は健やかに配信
そんな感じです。

後、トリモンのミラティブ配信の集計が終わったからかな??


そんな、どうでも良いことはさておき……


●アリーナイベント ET予選

思ったことがいくつか

1.

「お前ら。トリモンやってねーだろ」

少し前までptが凄く団子になっている部分が多かったのですが
上に行く程、その差が歴然となってきます。

11位と12位の差が1000pt
1位と2位の差が1500ptだったりします。

ほんまもんの暇人オリンピック‼
トリモンにすがる者どもの悲しき性‼
みたいになってきました(迫真)


ただし‼

34位~100位
この間は1000ptの差がありません‼

つまり34位は1日で抜かれる可能性が特大です。
個人的な見解として調子が良ければ2000ptは1日で盛れるので

22位~100位まで

この間にいる人はサボれば抜かれると思って頂いた方が良いです。
日々、100位と1500ptの差を目指して頑張るのが妥当な所です。

やり過ぎず順当にプレイしていれば22位~100位には入れる。
コレが一つの基礎として、そこからどれだけ頑張っているか
勝っているか・負けているかというお話になるのだと思います。

その間にいる人は、少し勝てば順位がぐんぐん伸びるので
結構モチベーション高くプレイ出来るのではないでしょうか???

 


逆にこの時点で
130位付近につけていない人は…
全員が早足になると絶対に付いていけない事になるので
ET本戦を目指すのであれば、勝率やプレイ時間を見直していきましょう。

 

 

●アリーナ攻略

ポイント

勝つ事よりも
負けない事‼‼

ポイント変動率から見て分りますが
勝つ事よりも負けない事が大切です。

「いや、負けなかったら勝つだろ」
「勝てば負けないだろ」

みたいな意味不明(正統)な突っ込みはいりません。


16連勝(+800)しようが
10連敗(-800)していては全く持って時間の無駄‼なのです。
2勝1敗(+20)の人に時間効率で敗北します。


負けが続くと
取り返さないと‼と意地になりがちですが
そういうときこそクールダウンです。

環境やプレイヤー的に自分に不利な相手が多く存在する時間帯
そんなことだってありえるのでクールダウンして部屋の掃除でもしましょう!

時として第2メインデッキを使って空気を変えるのも大切ですよ‼

 


●マリガン

このゲームでは構築やプレイも大事ですが
一番甘えがちな割にクソ重要なのがマリガンです。

戻したカードは引いてこないと言う神仕様です。
この相手には何が必要か…? それが山に何枚あるか。
という話をすれば、どんだけのカードを戻せば良いか理解出来るはずです。

1ターン目を妥協できる手札があるから…
そんなのではパワーマリガンを切ってきた相手には勝てません。

2-2-6が揃ってワンチャン勝てるかもしれないならキープ??
それで負けたら一気に防戦になります。殺意あるマリガンをどうぞ‼

 


●時間帯

前記事で3~5時が狙い目‼と言ったからかどうか分りませんが
昨日は上の方の順位の人が大量にいて涙目でした。
狩り場が公開されたから狩りにきました!みたいな感じで
ボコボコにされていました。

戦略的撤退で寝て起きたら快勝出来たので
タイミングは大事です。

 


●メタを読め!

明らかに水が減りました。
環境が回っているのが分ります。

地と風が多く時点で幻や水です。
雷と火は虫の息ですが、雷はまだいます。

アルテミスが出たり入ったりしています。
対策カードを入れる事は自分のメタ読みを信じると言う事なので
入れた瞬間当らなくなる‼ということはメタ読みが甘いということなので
自分を信じて確殺の1手を盛り込んでいきましょう。

 

 

●自分を信じろ

容赦せず殴れ‼

【ネタ】小話・読み物【暇つぶし】

何事もない平和な日常、平凡なお昼の出来事である。
某国の党首が演説をしている様がテレビに中継されている。
大きく拳を握り、気合いの入った声で観衆の注目を引いている。
平和を唄う演説なのだろう…… ハトが飛び交う演出も行われた。
特に興味を引くような内容では無い、政治目的の活動に過ぎないだろう。

締めの言葉か勢いのある言葉と共に演説は終わり民衆は大きな拍手を返す。
某国の党首も良い気な表情で手を振って応えて見せる。

そんな時……

テンポのずれたゆっくりな拍手と小さな歩幅で党首に近づく男がいた。
自然と民衆は道を開くように左右に別れて退いた。
それは、その男があまりに不自然な格好をしていたからである。
足元まではある黒いマントに身体全てを覆い、頭には青い色をした
フルフェイスのヘルメットでポツンと球体がマントの上に乗っている様。

テレビ越しに見ていても分るイレギュラー
現場に走る緊張、何気なくテレビを見ていた人間達も目を丸くして
釘づけになってしまう。
党首のボディーガードであろう当然のように黒服の大柄な男達が数名現れ
その男を囲うように武器を取り出して迫って行く。

何か音が聞こえる。声であるかもわからない。
微妙に周波数を違えた気持ちの悪い音が少しずつ頭の中に入ってくる。
ヘルメットを被っている男の口元が読めない為、喋っているのか分らない。

数メートルの距離を置いて武器を付きつけられた男の顔色が変わる。
顔色が変わる。中継されているテレビを見て唖然とする。
男のヘルメットの色が絵具を混ぜたように蠢きだす。時々青の中に緑や茶色が浮かぶ。

話の内容は一切分らないがテレビの向こう側では会話が行われている。
言葉を投げかけられたのか党首の表情が歪んでいたことから間違いは無い。

すると、男は手をマントの胸元へと忍ばせる。
怪しい動きと判断したのであろうボディーガードである黒服の男は
その手にした武器"銃"の引き金を素早く引き容赦の無い一撃で
男の頭を一瞬で打ちぬいたのである。

その瞬間、非常に強い地鳴りがし大地が一瞬ざわついて一度だけ大きく縦に揺れる。
足元をすくわれて倒れる民衆も多い、テレビ中継を見ていた他の国にも揺れが響く。

薄ら時超えていた超音波のような音が少しずつ近く感じるようになり
やがて呼びかけているような声である事に気付く。

頭を打ち抜かれた男は尚も動きは止まらず。
胸元から手を引き抜くと……

そこには1枚の"名刺"が握られていた。


「コンニチワ」


鳴り響いた携帯の地震速報によるととある海に隕石が落ちたと流れる。
不気味な男が名刺を差し出しながら頭を軽く下げる仕草に釘付けとなる。
良く見てみると…… 頭の上に乗っているのはヘルメットでは無い。
それは、まるで"地球儀"そのものである。
目を凝らして見ると銃で撃ち抜かれた場所と震源地が重なって見える。


「コノ度、我々ニ寄生スル害虫ノ駆除ニ参りました」


頭に直接語りかけるような言葉が唐突に理解出来た。
表情の無いはずの頭に不敵で不気味な笑みを浮かべて言葉が続く。


「我々ハ"地球人"デス」

 


その日、人々は母なる大地に宣戦布告を受ける事となる。

 


続かない

【トリモン】アリーナ考察・盤外戦【40】

トリモン環境考察 40

2018/10/1

ついに…!
この何気ないブログの更新も40回目を迎えました。
トリプルモンスターズリリース直後から書いておりますが‼
活気有る限りやる気ある限り続けて行きたいと思います。


10月に入り一時は涼しくなったと思われたものの
気候の変化が激しく非常に体調の崩しやすい時期となりました
また秋の枯れた空気やインフルエンザ等、風邪の流行り時期でもある為
蒸し暑くないようならマスクも装備も意識して良い時期です。

さて、今回お勧めの商品は
小顔に見えるマスクです。

 


●アリーナイベント

26日に開始して6日目に差し掛かりました。
10/10までが予選期間なので40%が過ぎた頃でしょうか。

1位
14000pt

5位
10200pt

10位
8140pt

20位
6430pt

30位
5800pt

40位
5570pt

50位
5140pt

60位
5000pt

100位
4770pt


現状の各ラインでのポイント獲得具合です。

30位~60位までで1000ptも差が無い事が分ります。

個人的に1000ptは1日無理無くプレイすれば盛れる数字。
頑張れば2000ptは盛れるというのが今回の環境での見解です。

つまり100位と1500~2000ptの差を"常に"つけておくのが
理想的ということになります。


現状、20位以内に入っているユーザーに関しては
「まぁまぁ頑張ってるやん?この調子で行きぃ(上から」

という感じになります。
前回の予選時よりユーザーが増えているか減っているか??
この話に関しては正直減っていると思います。
数日前に見たマイスター到達者の順位が900位ぐらいでした。

以前は予選開始後は1500名ほどがマイスターにいました。

これに関して言える事は…

1点…そもそもユーザー数が減った。
2点…ユーザー数は増えているが新規との差が激しく
   マイスターに到達出来る人間の数が減った。

こんなところでしょう。
非常に嬉しい事に初心者らしきユーザーも多く見かけます。


さて、現状で見たアリーナ攻略ですが

★100付近の順位につけて直前に一気に駆け抜ける。

コレに関しては
「全員同じ事を思っている」と考えない理由が怠惰でしか無いので
最終的に全員が走りだして順位が変わらず120位フィニッシュとかが見えます。

自分と同じような考えの人間が70人もいないはず‼と
もしくは、最後の方で皆がプレイし初めても余裕で勝ちぬける自信がある‼
ということなら何とかなるかもしれません。


★効率的な時間帯が存在する。

いわゆる忖度問題では無く
著しく、プレイユーザー数が減る時間帯が存在します。
いうまでもなく明け方なのですが……

いつも
スタートダッシュ大事だよ‼とか
最初の数日だけ睡眠時間少し削って頑張る。
とか言っているのは

この効率的な時間を探る為です。

残念ながら自分は身内やTCG勢を
一切誘わずにトリモンをソロプレイしているので
構築も考察も全部一人ぼっちでやっておりますが

午前3時~午前5時 この時間帯に関しては
殆ど人がいません。もちろん時々強い人はいるのですが
割合的に、弱い人7割 強い人1割 一緒ぐらい2割
とかそういう時になったら気合いで走ります。

数回対戦してアレ?これ強い人多くね??て思ったら
早急に撤退します。

勝てない相手からは逃げるみたいな感じで
格好悪いですが環境的なものもあります。
苦手な属性や苦手なカード入れてる人がいたら
流石に数打つ予選期間では戦略的に避けるのも重要です。


「全て倒す。俺しか勝たねぇ‼」

みたいな感じのことを、ジャンケンで言ってる人がいたら…
流石にやべぇと思いますよね。つまり効率的な時間を見極めましょう。


★環境を見極めろ‼

この6日間で
対戦した相手属性の数をカウントしました。
毎日プレイしている人は環境推移を感じていると思いますが

雷→土→幻→水→風/水

みたいな感じで使用者率が変化しています。
歴戦の知恵により1属性で柔軟に戦っている人と
幅広いカードプールで色々なデッキに手を出している人と
結構様々いる感じです。

ただ、急に他のデッキにシフトした凸甘な上に
経験値も少ないデッキだとパワーカード投げつけてるだけで
良い感じに捌かれて負けてる人とかは結構見かけるので

わずかながら奥深さ(凸含む)が出てきたのかもしれません。


「もう結局みんな凸ってるでしょ‼」

とか覚醒ページ減らしたいが為に何も考えずに覚醒してたら
謎の初心者が現れて後攻を全て持ち去られて無効にされる…‼とか
逆に奥深さじゃないですか??(違)

 


★その名前を信じるな‼

ユーザー名を自由に変更できる仕様です。

第1回ET予選の時から自分は名前を変更しまくってました。
ドクターオーとかも普通に有名だからとかではなく伏せてました。
この手のゲームで名前が変更可な場合の定石なので
知っている人はがつがつ変更しているはずです。

例えば、とある人が昔から"幽霊少女"を持っていないと騒いでいて
突如対戦した相手の名前が全然違う名前だったにも関わらず
他の幻は全て凸で幽霊少女のみが未凸という状態に当りました。

たまたまその時間帯でお互い潜っていたのか
何回かエンカウントしましたが…

ここでお恥ずかしながら
"幽霊少女"がキツイが無凸なら負けない‼
お前が持っているのは無凸の幽霊少女だから負けない‼
が、一次的な読みとして成立するようになります。

対戦毎にランキング表みてる変態はいないので
「ん。この人、この時間帯で何回か見るね」て
タイミングに遭遇したら率先して名前を変えてます。


いわゆる"ゲーム外戦略"ですが
仕様がそうなっているので使える仕組みを全て使うのが
この手のゲームの基本になります。

よく対人ゲームで相手の表情とか癖とか見たり
そういうので何かの判断のアテにしたりとか…
それと同じ事です。


ちょっと勝てないな何か出来る事ないかな??
てタイミングがあったら色々試してみましょう。

 

 

●ゲームの話

で、肝心のトリモンの中身の話をしてませんでした。


以前の記事で環境推移を記載しましたが
現状環境トップは水だと思います。

大量のドローソースから山札のカードの8割を引き込み
そこから相手の属性に合わせたカードを並べて後出しジャンケンで勝つ。
時々残りの2割にカードを吸われたり相手が強くて負ける。
と言う感じで、大体勝率も7~8割以上に落ち着きやすいです。


なので…

・風
2回以上の全体強化+シィムルグ
これで後先関係なくルルドを超えられるので
1本は気合いで取って1本は準備して
終戦ルルドに負けないようにしましょう。

・地
最後にトゥエンティで吸ってルルドが基本です。
地は3本目に裏に高パワーを置かずに素組をして
センターに素23000 ヤツカハギを叩きつけましょう!

もしくは裏を素組した上で九条院の12000全体バーンを
叩きこみましょう。


水は相手の属性を見てパズルゲームをしているだけなので
相手の属性を見たら勝てるカードを集めて最後に叩きつけてきます。
つまりドロソこそ負けていていますが…
相手が必死に集めた勝てるパターンに勝てる札を集めれば勝ちです。


・幻
両隠密モリガンは相手もモリガンでない限り勝ちです。
リリスメサイアやバナナ含めて回答が多いので使いにくいです。
先制取りやすいので幽霊少女を叩きつけましょう。
意外にアジ警戒率が落ちてるので雑に叩きつけましょう。基本有利かと。


・雷
先制でダメージ耐性が強力なので…
今、雷を使うには10000のクー2枚が理想的です(吐血)
ただ幻にもやはり不利に見えるので悩ましいですね。


・火
お互いに「全て焼き払えば良いのだろ?」と思ってます。
水をトップメタとすると構築は少し変化しそうです。


・水
殴り合い

 


と、こんな感じです。
多分ここを読んでる人からすれば
「いや、知ってますわ。それ、知らん人に教えないで」
て感じかもしれませんが…


拙者、全てのトリモンユーザーの味方故(投