ノヴァグラップラー:ビクトール軸 Ver4.1 解説少

■グレード3《7枚》
4 ムッチャバトラー ビクトール
3 メッチャバトラー ビクトール

■グレード2《12枚》
4 メチャバトラー アバレール
4 メチャバトラー ブッタギル
2 ホワイト・ハンク
2 ベアナックル・アーネスト

■グレード1《14枚》
4 レディ・サイクロン
4 メチャバトラー アラシード
4 メチャバトラー マルヤーキ
2 フュリアス・パンチャー

■グレード0《17枚》
1 プチット・エース
4 メチャバトラー ブチヌーク
3 レッド・ライトニング
4 メガハンマーレディ
1 ザ・ゴング
4 ライザーガール ケイト

《星7:引5:治4》

 ■Gゾーン《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 ダークエレメント ディズメル
3 メテオカイザー ユニオール

1 エアーエレメント シブリーズ
2 メテオカイザー ビクトプラズマ
3 メテオカイザー バスタード
4 メテオカイザー ビクトール
1 フェイバリットチャンプ ビクトール


前回の記事で一切の説明が無い‼
と言われたので微調整後の説明付き
《ノヴァグラップラー》ビクトール軸 Ver4.1です。

一部のカードの枚数が前回と微妙に変更になっています。

 

●グレード3
4 ムッチャバトラー ビクトール
3 メッチャバトラー ビクトール

2種7枚で全て「ビクトール名称」です。
新しい方を4枚採用しています。単純に《R》をスタンドさせるのにCBを必要としない為です。
ただし、超越出来なかった場合の動きを考えると旧ビクトールの方が強く感じる部分も多いです。
新ビクトールは《R》に置いてもメリットスキルを持つ為、多めに搭載されています。

「メチャバトラー ブッタギル」に2000上昇が入るだけでも極めて有効です。
ただ、狙った《R》をスタンド出来るならブッタギル本人をスタンドすれば良いので
全体的にスタンドする時のおまけと言ったところです。

山札を掘り進む力も無ければ、2枚切り超越は殆ど出来ないクランなので
出来れば超越コストになるカードは多めに採用しておきたいところです。


●グレード2
4 メチャバトラー アバレール
4 メチャバトラー ブッタギル
2 ホワイト・ハンク
2 ベアナックル・アーネスト

・メチャバトラー アバレール
CB1SB1は非常に重たい気がしますが単体で充分運用することが可能です。
1超越目で超越ボーナスのSB1と一緒に運用することでソウルを0枚にして
ユニオールでソウルを獲得することも可能になります。それが出来ない場合は
次の超越ボーナスのSB1に差し支えるのでブチヌークをSCする立ち回りを意識しましょう。

・メチャバトラー ブッタギル
闘魂持ちザザンダーです。言う事はありません。
闘魂を持っている事は大切ですが基本的にマルヤーキがあれば問題無いので
追加でザザンダーを搭載しても良いと思います。ただ両面に居る必要は無いので
1,2枚の予備といったところでしょう。

・ホワイト・ハンク
アバレールの予備です。
ブッタギルの予備は新ビクトールでも劣化ですが可能なので
スタンドする側の予備を採用しています。そこそこ弱いのが傷です。
ただ、SB1が出来ない盤面もあり得るので時として前者を上回ります。

ベアナックル・アーネスト
ノヴァクラスタが追い求めた神でした。
SB1が傷になる時があります、新ビクトールはアタック時なので
同タイミングでブチヌークを吸い込む等でコストを得てください。


●グレード1
4 レディ・サイクロン
4 メチャバトラー アラシード
4 メチャバトラー マルヤーキ
2 フュリアス・パンチャー

・レディ・サイクロン
ノヴァは守護者戻ってこないの?

・メチャバトラー アラシード
2枚切り超越は許されないのです。

・メチャバトラー マルヤーキ

・フュリアス・パンチャー
神を操縦する者
実はコイツ自身をアタッカーにする方が強い。
枚数は3:3が強そうなんだけど、マルヤーキ居ないと始まらないし
マルヤーキは他ともシナジーするので寄せられてしまった。


●グレード0
1 プチット・エース
4 メチャバトラー ブチヌーク
3 レッド・ライトニング
4 メガハンマーレディ
1 ザ・ゴング
4 ライザーガール ケイト


クリティカル*7
ドロー*5 です。アタッカー引いてナンボです。
素引きが弱いのは流石にネックですがFVの前に1枚置いても
良いと思います。1~2回攻撃すれば後は寝かして圧殺で良いです。

・プチット・エース
これ以外の選択肢はありません。
流石に他がテキスト無いに等しい中
コイツだけ輝いていて「魂の輝き」て感じです。(適当)

 

 


●基本的な動かし方

・プチット・エース
ベアナックル・アーネスト

「メチャバトラー マルヤーキ」の前列のユニットが漏れなく闘魂を得ます。
マルヤーキ前のユニットを他の効果でレストしてスタンドするのを繰り返します。
実際、繰り返すと言っても2回寝かして起こすのが現実的には限界です。
「フュリアス・パンチャー」はレストさせる効果が無いので「プチット・エース」が
場に残っていれば、エースでレストしてフュリアス・パンチャーでスタンドを挟めます。
ベアナックルは逆にエースが無い状態でも単体で1回解決することが可能になっています。

『このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのユニットを2枚まで選び、
 そのターン中、パワー+4000。』を重複して得させるのが目的になります。

何処にもターン1回が書いていないので
最初から2個付与された状態で1回攻撃すると
4000を4箇所に振る事が出来ます。このユニットを《V》のスキルで起こすと
3個付与された状態で起き上がり、また攻撃することで解決されます。
逆側の《R》でもう1回起こす事で4個付与された状態で起き上がり、またry

その付与対象が新ビクトールやブッタギルの場合ry


宇宙だね‼
サイコロ10個では足りないぞ!

超越に関しては適当にしてください
トライブルートがルアードに強そうですが
表返す効果が無いので流石に微妙な感じです。