リンクジョーカー:カオスブレイカー軸 Ver2.1

■Grade3《7枚》
4 星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン
2 星輝兵 カオスブリンガー
1 オルターエゴ・メサイア

■Grade2《12枚》
4 伴星の星輝兵 フォトン
4 アレスター・メサイア
2 星輝兵 コロニーメイカー
2 星輝兵スターベイダー ミューレプトン 《 New 》

■Grade1《14枚》
4 真空に咲く花 コスモリース
3 デスティニー・ディーラー
3 混迷の星輝兵 ジンク
2 星輝兵 ボルトライン
1 獄門の星輝兵 パラジウム
1 日食の星輝兵 チャコール

■Grade0《17枚》
1 錯綜の星輝兵 カーボン
4 星輝兵 パラダイムシフト・ドラゴン
2 星輝兵 メテオライガー
4 星輝兵 ジェイラーテイル
2 星輝兵 ネビュラキャプター
4 星輝兵 ステラガレージ

《星6:引6:治4》

■Gゾーン《8枚》
4 滅星輝兵 カオスユニバース
2 星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン
2 創世竜 アムネスティメサイア


EB環境初版案構築です。

《スパイクブラザーズ》《ぬばたま》《たちかぜ》
これら全てのクランが盤面から消える能力を有するクランである為
立ち回りの関係で無理なく盤面を空けて動く事が出来ます。
「滅星輝兵 カオスユニバース」の登場により《R》を出さない展開に対して
有る程度の回答を得る事が出来た前環境でしたが
それも"G3に乗って1~2パンで殴ってくる"に対する回答程度であり
スキルを前面に押し出しての攻撃→場から離れるの回答にはならない印象です。

そこで
・星輝兵スターベイダー ミューレプトン

このカードの採用となります。
2枚では必要タイミングで引けるか怪しいので本当は3枚ぐらい入れたいのですが
ECBの都合もあり抜けるとしたら「アレスター・メサイア」が候補になります。
ただCB自体は重いのでなるべく他と競合しないように採用したい為
「星輝兵 コロニーメイカー」「獄門の星輝兵 パラジウム」が削れて
「混迷の星輝兵 ジンク」の枚数が増えています。

・日食の星輝兵 チャコール

前回構築ではゲーム速度的に不要と思い抜いていたのですが
EBで登場する3クランの内2種は連続攻撃1種は手札破壊要素を持つ為
序盤からダメージを抑えるようなゲームプランも必要となります。
その際に有効活用できる為、また戻ってきたような印象です。
上記ミューレプトンも早い段階で使用しても重たい印象だけが残るので
LB解除してしっかり「星輝兵 カオスブレイカー・ドラゴン」で変換しましょう。

・混迷の星輝兵 ジンク
カオスブレイカー・コロニーメイカー使用後にテキストを使用して
ECB2を獲得出来る場合、ニューレプトンをそのまま運用する事が可能である為
出来れば手出しして行きたいカードになります。

・アレスター・メサイア
ここまでの流れからコロニーメイカーも重要な要素である為
削りたくないのですが、最近アムネスティを手に入れて
はしゃいでるので抜けません。

 


以上