読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャドウパラディン:ルアード軸 Ver2.2

■グレード3《7枚》
4 覚醒を待つ竜 ルアード
3 鋭牙の魔女 フォドラ

■グレード2《11枚》
3 闘気の騎士 ドルドナ《10000バニラ》
3 彗星の魔女 サーバ 《10000バニラ》
3 竜刻魔道士 モルフェッサ
1 ダークサーガ・ペインター
1 竜刻魔道士 ウスキアス

■グレード1《15枚》
4 竜刻守護者 エスラス
4 アビサル・オウル
3 哀慕の騎士 ブランウェン
2 怜悧の騎士 コンヴァル
1 ナイトスカイ・イーグル
1 黒翼のソードブレイカー

■グレード0《17枚》
1 新鋭の騎士 ダヴィ
4 撃退者 ウーンデッド・エンジェル
4 ベリアルオウル
1 カースドアイ・レイヴン
3 ハウルオウル
4 アビス・ヒーラー

◆Gユニット《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 ダークエレメント ディズメル
2 暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン

1 エアーエレメント シブリーズ
1 覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン
1 覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド
1 暗黒竜 カーニバルドラゴン
3 暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"
2 暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"
3 天空を舞う竜 ルアード

 

《シャドウパラディン》ルアード軸です。
数多くの大会で結果を残しているアーキタイプになります。
山札を圧縮してトリガーを戻す長期戦も可能な上に
豊富な超越先を持ち攻撃手段も豊富です。

●グレード3
4 覚醒を待つ竜 ルアード
3 鋭牙の魔女 フォドラ

完全に仕事別で2種7枚の採用です。
サブで乗る用のG3は全て捨てて4積みの《アビサル・オウル》でライドします。
《鋭牙の魔女 フォドラ》が手札にある場合、Gアシストも出来ないのが難点です。

・覚醒を待つ竜 ルアード
再ライドはソウルチャージ‼ 途中から超越コストが一切不要となる為
2枚目以降のG3ルアードは横に置かれたり、完全ガードのコストになりますが…
ホエル&カエダン型では無い為、SC手段が豊富では無いのが問題の一つです。
狙ってSBを行う手段はどれだけでもあるので、ここぞという時に足りない‼
と言う事が無いように余裕がある内にソウルを確保しておくのも大事かと思います。

・鋭牙の魔女 フォドラ
使用は1試合に1回程度だとは思いますが《ベリアルオウル》を引き抜いて手札を増やします。
覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド》であえて《新鋭の騎士 ダヴィド》を退却させずに
《ベリアルオウル》2枚+αで一気にアドバンテージを得る動きも意識する必要があります。
ダヴィドは《暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"》で後で処理しましょう。


●グレード2《11枚》
3 闘気の騎士 ドルドナ
3 彗星の魔女 サーバ
3 竜刻魔道士 モルフェッサ
1 ダークサーガ・ペインター
1 竜刻魔道士 ウスキアス

流行りの10000バニラを6枚採用して序盤に2枚引ければというところ。
個人的に序盤にG1を前に出したり1枚でもG2-9000がいるとアタック先が出来てしまうので
「こいつらテキスト無いくせに綺麗な立ち回り難しくね?」とか思っています。

・竜刻魔道士 モルフェッサ
リソース獲得やVスタンドがある為、横ラインの強化が軽視されていたり
横が上がった所で……という意見も多数見受けられますが、個人的には合格ラインです。
むしろ、リアガードでの連続攻撃が出来ない為、時として要求値を伸ばす選択肢は必要かと思います。
時として…むしろ、継続的に横のラインを押し上げて行けば単純な数取りで有利に拍車が掛かります。

G1で紹介する《怜悧の騎士 コンヴァル》と絶妙に噛み合います。
2回起動したコンヴァルが13000となる為、ラインを組めば27000となります。
非常にシンプルです。

・ダークサーガ・ペインター
《暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"》の際に前列をルアードから呼び出す要因です。
《ナイトスカイ・イーグル》でも同様の事が出来る為、4枚目のモルフェッサが正直丸いです。

・竜刻魔道士 ウスキアス
構築時に10000バニラが7枚見つからなくて掘り出された隠し札です。
CB1でドロップのG1のパワーを得る事が出来るカードです。上昇値は基本7000となります。
後列無しで16000になります。こちらも《怜悧の騎士 コンヴァル》1回起動の前で26000となります。
こちらはCBを支払っているので他に影響を及ぼす可能性も有りますが
一応ヒット時に自分のユニット1枚退却&1ドローがあるので次に繋げる事もあり得ます。
《アビサル・オウル》を4枚搭載してCBは緩和させているので上手く回せると良いです。


●グレード1《15枚》
4 竜刻守護者 エスラス
4 アビサル・オウル
3 哀慕の騎士 ブランウェン
2 怜悧の騎士 コンヴァル
1 ナイトスカイ・イーグル
1 黒翼のソードブレイカー

G1は全てサーチ対象である為、なるべく散らしたいというのが本音です。

・竜刻守護者 エスラス
呼び出して殺して手札に戻す‼
適当に引いてくるのや、ドロップに落ちるのを待っていてはダメ。

・アビサル・オウル
ルアードを呼び起こせ!
超越ボーナスコストを踏み倒せ!

・哀慕の騎士 ブランウェン
1超越目にルアードやフォドラを使わせない‼
ルアードは使っても良いけど、あいつ!SC手段だから‼

・怜悧の騎士 コンヴァル
今回のレシピのメインユニット・主力にしてサーチ対象。
《新鋭の騎士 ダヴィド》《ベリアルオウル》《ハウル・オウル》
この辺りで強化して行きましょう。
ダヴィド…スペクトラル時に《V》裏に呼んでパンプ‼ ベリアルをスペクトラルコストで‼
ベリアルオウル…許される限り叩きつけてパンプ‼クリ捲れず追い込めない‼
ハウル・オウル…ファイナルターンなら任せろ!

ルアードでベリアルと同時に呼んで10000で出して殴りましょう。

・ナイトスカイ・イーグル
コンヴァル前で21kを形成出来るサーチ対象。

・黒翼のソードブレイカー
SB要員。


●グレード0《17枚》
1 新鋭の騎士 ダヴィ
4 撃退者 ウーンデッド・エンジェル
4 ベリアルオウル
1 カースドアイ・レイヴン
3 ハウルオウル
4 アビス・ヒーラー

新しいPBGGが弱くて涙が出ます。
星8枚、覚醒1枚、引3枚、治療4枚です。
スタンドは場に出して戻して数稼ぎをしながら
コンヴァルを強化する可能性が秘められています。

 

●Gユニット《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 ダークエレメント ディズメル
2 暗黒竜 プロットメイカー・ドラゴン

1 エアーエレメント シブリーズ
2 覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン
1 覇道黒竜 オーラガイザー・ダムド
1 暗黒竜 カーニバルドラゴン
2 暗黒竜 スペクトラル・ブラスター "Diablo"
2 暗黒竜 ファントム・ブラスター "Diablo"
3 天空を舞う竜 ルアード


10試合やってもオーラガイザーには乗らなかったです。
乗ってSBした後の試合運びが難しくて泣きそうです。
ダムド2回目がむしろ一番強そうです…3枚退却したい‼て感じです。
今回はルアード入れたかったんで譲りました。
スペクトラルはソウルの都合や1超越目では乗らないので2枚で良い印象です。
ファントムブラスターは相手を選びますが強いですが練習不足で説明できず。

・天空を舞う竜 ルアード
フォドラにルアード名称が付きます‼
全除去相手への展開補助要員です。
突然の要求値上昇‼ここ重要。

 

もりもり殴っていくぞ!

 

ノヴァグラップラー:ビクトール軸 Ver4.2

■グレード3《7枚》
4 ムッチャバトラー ビクトール
3 メッチャバトラー ビクトール

■グレード2《12枚》
4 メチャバトラー アバレール
4 メチャバトラー ブッタギル
2 メチャバトラー ザザンダー
2 ベアナックル・アーネスト

■グレード1《14枚》
4 レディ・サイクロン
4 メチャバトラー アラシード
4 メチャバトラー マルヤーキ
2 フュリアス・パンチャー

■グレード0《17枚》
1 プチット・エース
4 メチャバトラー ブチヌーク
2 レッド・ライトニング
4 メガハンマーレディ
2 ザ・ゴング
4 メチャバトラー ガンシール

《星6:引6:治4》

 ■Gゾーン《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 ダークエレメント ディズメル
1 メテオカイザー ガンドリード
2 メテオカイザー ユニオール

1 エアーエレメント シブリーズ
1 メテオカイザー トライブルート
3 メテオカイザー ビクトプラズマ
3 メテオカイザー バスタード
2 メテオカイザー ビクトール
1 フェイバリットチャンプ ビクトール

 

一人回しに定評のある…
《ノヴァグラップラー》ビクトール軸 Ver4.2です。

FCの治トリガーとGGを想定した案で構築されています。
「メチャバトラー ガンシール」「メテオカイザー ガンドリード」
上記はいずれもCCに優れている札でありアグレッシブにCBを使う動きを
問題無くケア出来る為、狙った動きを想定することが出来るようになりました。

以下、解説&収集情報

●グレード3
【闘魂】持ちを極力《R》にコールしたい為
旧ビクトールを【闘魂】持ちG3に1枚変更する説もあるようです。
そちらにライドしてしまう可能性を持ってしまうのがネックです。
強くなる面と弱くなる面では、弱い方が致命的なので無しです。

新規GGの登場によりCC2を特に大きな条件無く獲得出来るようになった為
旧ビクトールにライドした場合でも比較的動きが滑らかになりました。

1超越目はCBとの兼ね合いで
バスタードとビクトールを使い分けます。
旧ビクトール&バスタードは非常にCBを使う組合せで
新ビクトール&ビクトールがCBを一切使わない組合せです

手札にある他のカードがどんなコストを支払うかという点と
治トリガーを持っているかという観点で選択肢がある場合、思考が必要です。


●グレード2
・メチャバトラー アバレール
「ホワイトハンク」がノイズでした。後列を強要するのが大きくネックです。
このデッキの主力である「メチャバトラー マルヤーキ」は基本的に複数回
スタンドする前提のあるユニットの後列に置かれる為、ホワイトハンクは該当しません。
最終ターンであれば何でも置くのですが1超越目から置いていくなら……
「メチャバトラー アバレール」と言った所です。ただし、CB1/SB1と軽くは無い上
あえて他にもSB1を支払うカードを取っている為に噛み合いの問題にもなって来ます。

・メチャバトラー ザザンダー
マルヤーキにより【闘魂】を付与します。6枚体制のスタンド時パンプ要員です。
正直、こいつらを何回起動させるかを競うデッキですので可能な限り入れたい所です。

ベアナックル・アーネスト
3,4枚目のザザンダーでも良いのですが、その枠に入っているカードです。
完全にメインフェイズでのマルヤーキ起動を狙っているカードになります。
序盤であれば場に投げて山札を掘り進んでインターセプトで消える要因です。


●グレード1
・フュリアス・パンチャー
極めて強力です。新ビクトールの超越ボーナスでザザンダーラインを起こせば
特に何も考える事無く、26000が形成されます。ただマルヤーキの場合、29000です。
後は、FVとシナジーしてマルヤーキを誘発出来るかもしれないというおまけ程度です。

一応、アバレール&フュリアスのラインで
アバレールアタック時にフュリアスを起こす事で
5000上昇が2回入って28000ラインが形成出来る事もあります。
後列のフュリアスが起きたままなのでバスタード等で前列だけ
起こしてあげると綺麗な動きになるかもしれません。

その為、枚数は特に考える事も無く上から取り
守護者4 シシルス4 マルヤーキ4 フュリアス2 となります。
マルヤーキと3:3で割った時代もありましたが、マルヤーキ4枚入れないなら
ノヴァを選ぶ必要はありません。


●グレード0
・プチット・エース
殺意の塊です。
他の甘えたFVを選んでいては勝利は程遠いです。

トリガー配分
6-6-4にしました。

「フェイバリットチャンプ ビクトール」が動けば
どうせ相手は死ぬんでしょう……‼??

と思っていましたが…
引6だとガード値に困る、初手に2枚あると絶望する。
高い数字で殴りかかるが結局1点で詰まらない……
等問題が露呈していました。FCビクトールに乗ったのに
相手が死なないという事態が発生しました。
その為、トリガー配分は再調整中です。

 

●グレード4
・ライトエレメント アグリーム
甘えてはいけません。必須です。

・ダークエレメント ディズメル
甘えてはいけません。必須です。
「あれば良いな」という場面が非常に多いです。
相手も中途半端な点入れても仕方ないな…という場面が多く
最終的にザザンダー系の横が叩かれてアタッカー不足になるのはありえます。

・メテオカイザー ガンドリード
このタイプのGGを何枚入れるかは枠と相談とはなりますが…
正直、ガード値の上がらないGGを何度も使う程余裕はありません。
治にも能力がある為、何度か使いたい気持ちは分りますが現実味は薄いです。

・メテオカイザー ユニオール
実際、こいつもフルにパンプする為には噛合いが大切になります。
SB1手段は豊富に入れてあるので積極的にコイツでSC2を狙って行きましょう。
CC2は攻撃を止めるタイミングに左右されるので少しばかり難しいですが…
トライブルートを運用する場合、簡単に全て裏返す事が出来る為、狙えます。
ただし、トライブルートはPBでは無い為、ガンドリードの方が繋がりやすいです。


・メテオカイザー トライブルート
新規GGの登場によりPBが無いデメリットが緩和されました。
高確率で相手の場を全て除去することが出来る為、ルアード相手に圧をかけれます。
ただコストを支払い切る為、GGでのリカバリーが必須になります。
盤面展開力が無い相手には有効になる為、1枚は絶対に取りたいところです。
正直、2枚運用出来る気がしないので1枚です。

・メテオカイザー ビクトプラズマ
GGの登場により評価はクソ落ちましたが健在の1枚です。
1超越目で突っ走る事のはワンチャンスあります。新ビクトールがSBなのも良いです。

・メテオカイザー バスタード
1超越目で5パンを確定させるカードです。
正直、1超越目ではCBはそれほど使わないので気軽に乗りましょう。
GGを行わない場合の2超越目もコイツで安定します。盤面が5枚は気合いで行きましょう。

・メテオカイザー ビクトール
CBを使いたくない時用の選択肢になります。
先攻でGGを打っている場合の1超越目GB3等は強力です。
GGが打てているならそのままFCビクトールに行けるので有効です。

・フェイバリットチャンプ ビクトール

… お前を殺す。(失敗した実績あり)

 

ペイルムーン:銀の茨軸 Ver5.2

■グレード3《6枚》
2 銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ
4 銀の茨の竜使い ルキエ

■グレード2《12枚》
4 銀の茨の獣使い マリチカ
3 銀の茨の奇術師 クレメンス
3 銀の茨 アップライト・ライオン
2 銀の茨 ライジング・ドラゴン

■グレード1《15枚》
4 銀の茨のお手伝い ゼルマ
3 銀の茨の催眠術師 リディア
3 銀の茨の獣使い アナ
3 銀の茨の奇術師 コレット
2 銀の茨の道化師 セルネ

■グレード0《17枚》
1 銀の茨の獣使い エミール
4 銀の茨のお手伝い ディクシー
4 銀の茨 バーキング・ドラゴン
4 銀の茨の操り人形 なたーしゃ
4 銀の茨のお手玉師 ナディア

《星:8引4:治4》


■グレード4《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 道化魔竜 ワンダリング・ドラゴン
1 愛満ちる幻道化 マーヤ
2 鎖鋸の大奇術 ファーニバル

2 銀の茨の神竜使い ミスティック・ルキエ
2 銀の茨の神竜使い ヴィーナス・ルキエ
2 道化魔竜 ルナテック・ドラゴン
3 夢踊る彩翼 ミルワード
1 異界の大奇術 フェアフィールド
1 仮面の神竜使い ハリー

 

楽しい楽しいカジュアルデッキです。

 

 

この手のカジュアルデッキは
明確なルート及び殺意を持っていないと
勝利には辿りつけない…
「何となく楽しめるデッキ」では遊べても
本当に楽しむ事は出来ないのである‼

一瞬の隙をついて殺す
ワンチャンスがあれば殺す
狙い通りの道を進んで必ず殺す

特徴的なカードがあるのであれば
最大限に活かす!長々と試合をする気などない!

リアガードが殲滅?
殴らせるな全てソウルに隠せ!
ライフで受けろ!

CBの名を良く見ろ
カウンターブラストだぞ!

その名の通り
カウンターして
ブラストさせろ!

序盤から後半まで
どちらかが死ぬまで連パンし続けろ!

じゃんけんに勝利しろ!

 

相手が10kバニラ?投了しろ!

 

【ポケカメモ】アクアダーク

3 ラプラスGX
2 パルキアEX
1 キュレムEX
1 マナフィEX
1 グレイシアEX
2 ゾロア
2 ゾロアーク
1 カプ・コケコ

2 ピーピーマックス
4 アクアパッチ
4 ハイパーボール
3 ネストボール
3 バトルサーチャー
1 あなぬけの紐
2 闘魂のまわし

4 プラターヌ博士
3 N
1 リーリエ
1 フラダリ
1 ククイ博士
1 オカルトマニア
1 ポケモンレンジャー

3 うねりの大海

10 基本水エネルギー
3 無色2個エネルギー

ノヴァグラップラー:ブラウ軸 Ver0.99

■グレード3《8枚》
4 モーント・ブラウクリューガー
2 フォルモーント・ブラウクリューガー
2 ギャラクシー・ブラウクリューガー

■グレード2《11枚》
3 ブラウクリューガー
4 ユーピター・ブラウクリューガー
4 マルス・ブラウクリューガー

■グレード1《13枚》
4 ブラウ・ドゥンケルハイト
4 ネプトゥーン・ブラウクリューガー
4 ヴェーヌス・ブラウクリューガー
1 エネルギー・チャージャー

■グレード0《18枚》
2 モルゲンロート
4 レッド・ライトニング
4 シャイニング・レディ
2 シェーネス・ヴェッター
4 メガハンマーレディ
2 ザ・ゴング


《星10:引6》

 ■Gゾーン《16枚》
1 メテオカイザー ユニオール

1 エアーエレメント シブリーズ
3 ゾンネ・ブラウクリューガー
4 メテオカイザー ビクトール
3 メテオカイザー バスタード
3 メテオカイザー ビクトプラズマ
1 フェイバリットチャンプ ビクトール

 

 

 

 

 ジオンの残光

 それは漢達の魂の輝き

グランブルー:ナイトローゼ軸 Ver3.1

■Grade3《7枚》
4 夜霧の吸血姫 ナイトローゼ
1 星影の吸血姫 ナイトローゼ
1 一鬼当千 ナイトストーム
1 海淵のゾンビホエール

■Grade2《11枚》
4 倦怠の呪術師 ネグロレイジー
3 スケルトンの砲撃手
2 腐海の呪術師 ネグロルーク
2 キング・サーペント

■Grade1《15枚》
4 竜巻のジン
4 お化けのとみー兄弟
4 粉骨の呪術師 ネグロボーン
1 お化けのべいる
1 フェイタル・シェイド
1 ソードマスター・ミミック

■Grade0《17枚》
1 死せざる死者 グルナッシュ
4 荒海のバンシー
4 ランペイジ・シェイド
4 お化けのみっく一家
4 ドクター・ルージュ


■Gゾーン《16枚》
1 ライトエレメント アグリーム
1 蝕骸竜 ディープコープス・ドラゴン
1 墳墓の幻妖術師 ネグロモード
2 夜宴の大呪術師 ネグロリリー
1 エアーエレメント シブリーズ
1 お化け大王 おばだいあ
1 深淵の海賊王 ブルーハート
2 贖いの海賊王 ドラクート
2 屍の幻妖術師 ネグロゾンガー
4 嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ

ロイヤルパラディン:サンクチュアリ軸 Ver3.0

■グレード3《6枚》
4 サンクチュアリガード・アーク
1 サンクチュアリガード・ドラゴン
1 孤高の騎士 ガンスロッド

■グレード2《13枚》
4 救国の賢者 べノン
3 光と闇の愛弟子 リュー
3 ブラスター・ブレード
1 ブラスター・ブレードスピリット
1 ナイト・オブ・ツインソード
1 スターライト・ヴァイオリニスト

■グレード1《14枚》
4 月桂の騎士 シシルス
4 ブラスターフレンド ばーくがる
2 光の剣士 ブラスター・レイピア ローラ
3 希望の剣 リシャール
1 探索者 トランキル・ユニコーン

■グレード0《17枚》
1 ういんがる・ぶれい
4 アラバスター・オウル
4 幸運の運び手 エポナ
4 フローラルパラディン ふろうがる
4 エンカレッジ・エンジェル

《星12:醒4》

◆Gユニット
1 エアーエレメント シブリーズ
3 神聖竜 サンクチュアリガード・レガリア
4 神聖竜 セイントブロー・ドラゴン
4 飛天の聖騎士 アルトマイル

以下省略

 

治入ってないデッキ作りたかったんや…